厚生仙台クリニック お客様専用フリーダイヤル 0120-501-799
ホーム
厚生仙台クリニック概要
PET(陽電子断層撮影装置)とは?
がん総合検診のご案内
クリニックへのアクセス
お問合せ・資料請求
リンク集

PETの原理

従来の臓器ごとの検査と異なり、全身のがんを一度に画像としてとらえ、病気を的確に診断する新しい検査法です。

がん細胞は、増殖するためにエネルギーのもとであるブドウ糖を他の細胞に比べ多く消費します。PET検査では、ブドウ糖に放射化したフッ素(F-18)をつけた FDGという薬を静脈注射します。この放射能は半減期(半分になる時間)が約2時間と短いため、サイクロトロンという装置を用いて、当クリニック内にて毎日製造します。FDGはブドウ糖と同じように、エネルギー消費が多い組織に集まります。健康な人でも、脳、心臓などにはFDGが集まります。がんがあればがん組織にも集まります。

このことからPET装置を用いてFDGが集まっている組織を画像化することで、がんを発見できるのです。この方法は、MRIやCTのみを用いて形の変化からがんを診断してきた従来の画像診断法とはまったく違う、最新の方法です。

FDGは健康な人でも脳、心臓、また尿から排泄されるため腎臓、膀胱にも集まります。このため、それらの臓器の近傍ではPETによる診断が難しい場合もあります。しかし、当クリニックでは最新のPET装置はもちろん、最新のCT、MRI、超音波装置を導入し、それらがお互いの弱点を補完することにより高い精度で診断することが可能となります。PET検査は健康な人のがん検診のみならず、すでにがんにかかっている人での転移の発見や、治療計画をたてることに非常に有効です。
PET検査の有効性
  1. 初期のがんの発見率が従来法に比べ飛躍的に高くなりました。
  2. 一度の検査でほぼ全身のがん検索ができます。
  3. 腫瘍の良性・悪性および病巣の拡がり・ステージの判定に役立ちます。
  4. 適正な治療法の選択や治療後の評価に役立ちます。
  5. 苦痛や不快感が伴わず、着衣のまま短時間で検査できます。